解体工事業も建設業許可が必要になります

4月3日に参院国土交通委員会で全会一致で採択、参院本会議での可決後に衆院に送られ、

5月29日に、改正公共工事品質確保促進法、改正建設業法、改正入札契約適正化法が、衆院本会議で可決し、成立しました。 ニュースソースは コチラ

 

この3つの改正は、以下のような概要です。

1.公共工事品質確保促進法

  全ての公共工事の発注者に、中長期的な担い手の育成・確保に配慮することを

   責務としています。予定価格を適正に設定し、受注者が「適正な利潤」を確保できるよう、

  多様な入札契約方式を活用することも求められています。

 

2.建設業法

  現行の「とび・土工工事業」から、「解体工事業」が分離されます。

  法律が施行されてから3年間は、経過措置として「とび・土工工事業」の許可でも、

  解体工事を行うことができます。

  また、解体工事業の技術者制度の創設により、技術者育成に取り組むようです。

 

3.入札契約適正化法

  「ダンピング防止」を明確に打ち出しています。

  下請け契約の総額が3000万円以上(建築は4500万円以上)の公共工事の場合に

  作成・提出していた、施工体制台帳の義務を全ての公共工事に適用します。

 

0 コメント

建設業許可に29番目の業種新設

ご訪問、ありがとうございます。

 

本年1月22日に、国土交通省が決めた建設業許可の28業種に「解体工事業」を新設というニュースがありました。 ニュースソースは コチラ 

 

3月9日に国会に改正案提出。

 また、今回の建設業法の改正と共に入札契約適正化法も見直されているようです。

 

まず、解体工事業の新設ですが、技術者の配置が義務付けられます。

また、改正法が交付された場合、2年以内に法律が施行され、施行後3年間の経過措置が取られます。

 

この経過措置は、現在「とび・土工業」の許可業者も引き続き解体工事を施工することを認めるというものです。

経過措置の期間終了後も、引き続き解体工事を行う場合は、建設業許可「解体工事」の取得が必要になるということです。

 

入札契約適正法については、公共工事で一定の規模の下請契約額で提出義務が分かれていた、施工体制台帳と工事費内訳書が、改正により下請け金額にかかわらず提出が義務付けられるようです。

 

今後も、新情報を見つけ次第、ご紹介していきます。

 

0 コメント

いつも元気ね~と...

昨日夕方、先輩先生と打ち合わせのあと、

スーパーへ買い物に行きました。

 

入口で、買い物かごを持って、入ろうとしたら、

買い物かご同士が接触。

 

「お先にどうぞ~。」と右手で合図をしたら、

「あら、ありがとう」と、にこやかに返事してくれた女性が、

「いつも元気ね~~。」と

 

どこかで会ったことあったっけ?

う~~ん、記憶がない。 (-"-)

0 コメント

ザ!鉄腕!DASH!! TOKYOは日本の宝

ご訪問、ありがとうございます。

 

ザ!鉄腕!DASH!!、毎回とても楽しみにしています

4/20の北海道放送では、真狩村の人参畑を除雪してました。

この人参は、雪下人参と言って、とてもフルーティーなのだそうです。

 

ユンボの大きなシャベルで、地面すれすれにかきこむ農業者のお父さん。

体得した技術のすばらしさ!

技術者で、経営者。

 

ただただ、驚きと羨望です。  続きはこちら

 

0 コメント

コメダ珈琲 習志野

ご訪問、ありがとうございます。

今日は、後見事務をしてきました。

 

風が強くて、フラフラしながら前に進んでいったのでした。

船は、風を受けて進むのです。

スリムな帆柱だけじゃ風は受けられない。

幅の広い帆があってこそなのです。

 

というわけで、

幅広にできている わたしは、風を受けて進んで行ったのでした。(笑)

で、仕事の帰り、午後4時20分ころですが、

まろにえ通りのコメダ珈琲へ行ってきました~。 続きはこちら

 

0 コメント

マジンガーZの格納庫を掘る

ご訪問、ありがとうございます。<(_ _)>

 

前回の建設業界勉強で読んだ、 「前田建設 ファンタジー営業部」 

マジンガーZの格納庫 見積もりですが、 大変楽しく拝読しました。

 

マジンガーZは、富士の裾野にある「光子力研究所」が、基地です。

研究所にある「汚水処理場」のプールが開くと、中からせり上がってきます。

操縦士の乗る「パイルダー」がマジンガーZの頭上に合体することで、

この巨大ロボットが、起動する仕組みです。

 

この巨大ロボットを格納し、プールの開閉時に落ちてくる膨大な水量から

20トンもの重量をせり上げるシステム。

このアニメに夢中になった世代には、たまらない内容です。

 

当然、地面を掘ることになるのですが、

四角い格納庫を地面の下に建設するのですから、

実際の大きさより大きめに掘るわけです。

『法面掘削』 というものが紹介されてました。

垂直に掘り下げる場合、その側面を仮設で崩れないように抑えるらしいのですが、

この法面掘削の場合は、すり鉢状に掘っていくため、垂直の場合より

仮設を設置する手間が省けるのだそうです。

 

代わりに、 『段切り』 という、平らな部分を作っていく。

すると、すり鉢状に掘り下げる斜めの部分が、階段状になります。

それで、地面の崩れをより安全に、防ぐことができるのだそうです。

 

土木工事の技をひとつ学びました。 

 

続きを読む 0 コメント

建設業界勉強中です。

前田建設 ファンタジー営業部「マジンガーZ編」
前田建設 ファンタジー営業部「マジンガーZ編」

こんにちは。 (^^)/

 

ただいま勉強中の建設業界の本です。

前田建設さんのファンタジー営業部をテレビ番組で知り、

以来、HPを一生懸命読んでおりました。

 

この本のサイズは、単行本です。

盛りだくさんの建設技術をご紹介くださっています。

 

ただ...字がちっちゃい。 (T_T)

ハードカバーの本くらいの大きさで、フルカラーになりませんか?

2,100円くらいで...。 

 

 

 

0 コメント